スタッフ&ダンサー

ソリスト

入戸野 伊織
にっとの いおり - Iori Nittono

神奈川県藤沢市出身

 5歳よりバレエを始める。2008年、ユース・アメリカ・グランプリ2008日本予選でスカラシップ賞を受賞してオーストラリア・バレエ学校に1年間留学。13年、東京バレエ団入団。同年4月、東京・春・音楽祭2013での『春の祭典』で初舞台を踏み、続く『ジゼル』でパ・ド・ユイットを初めて踊った。

主演作品:

『タムタム』ソロ

主なレパートリー:

マラーホフ版『眠れる森の美女』妖精のお付きの騎士、青い鳥、『ジゼル』パ・ド・ユイット、『ラ・バヤデール』ブロンズ像、『エチュード』エトワール、『ザ・カブキ』勘平、ヴァリエーション2、『スプリング・アンド・フォール』二人の男性、『ペトルーシュカ』悪魔、『ドン・キホーテ』では闘牛士、ジプシー、ファンダンゴ、"子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』"4人の王子、青い鳥、『ギリシャの踊り』

バレエ団初演作品:

エック版『カルメン』兵士たち(13年)、ノイマイヤー版『ロミオとジュリエット』(14年)、ベジャール振付『第九交響曲』(14年)、ワシーリエフ版"子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』"闘牛士、ジプシー、ファンダンゴ(15年)、フォーサイス振付『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』(15年)、ブルメイステル版『白鳥の湖』道化、スペイン(16年)