スタッフ&ダンサー

ソリスト

岸本 秀雄
きしもと ひでお - Hideo Kishimoto

東京都出身

 5歳よりバレエを始める。2003年、東京バレエ学校に入学し、在学中にスクール・パフォーマンスの『眠れる森の美女』でデジレ王子を踊る。11年、東京バレエ団に入団。同年、『ラ・バヤデール』で初舞台を踏む。

主演作品:

マラーホフ版『眠れる森の美女』デジレ王子、"子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』"デジレ王子、『タムタム』、『春の祭典』生贄

主なレパートリー:

『ジゼル』ウィルフリード、パ・ド・ユイット、『ラ・バヤデール』ブロンズ像、6人の戦士、"子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』"青い鳥、『ザ・カブキ』、『ボレロ』第1ソリスト、『ドン・キホーテ』闘牛士、ジプシー、セギディーリャ、『ラ・シルフィード』、『マルグリットとアルマン』マルグリットの取り巻き、『スプリング・アンド・フォール』二人の男性、『くるみ割り人形』フランス、『ペトルーシュカ』、ベジャール振付『くるみ割り人形』、『中国の不思議な役人』、『ギリシャの踊り』、『エチュード』、『ドリーム・タイム』

バレエ団初演作品:

エック版『カルメン』兵士たち(13年)、ノイマイヤー版『ロミオとジュリエット』僧ローレンス(14年)、ベジャール振付『第九交響曲』(14年)、ブルメイステル版『白鳥の湖』ジークフリート王子(16年)