スタッフ&ダンサー

ソリスト

ブラウリオ・アルバレス
ブラウリオ・アルバレス - Braulio Alvarez

 メキシコ・シティ出身。3歳より母親が教師を務めるバレエ学校でバレエを始める。メキシコのアイデルワイルド・アーツ・アカデミーで学んだ後、奨学金を得てボストン・バレエ・スクール、ヒューストン・バレエ・スクールで学ぶ。2003年メキシコ国際バレエコンクール、06年メキシコ ヤングタレント・ガラ出場、ローザンヌ国際バレエコンクールに出場しスカラシップを得て、07年ハンブルク・バレエ学校へ入学。09年ハンブルク・バレエ団に入団。『椿姫』ほか、ノイマイヤーの37作品に出演。  16年9月東京バレエ団にセカンド・ソリストとして入団。

主なレパートリー(2016年以前):
『子どもの魔法の角笛』ソリスト役、『真夏の夜の夢』兵士、『くるみ割り人形』パ・ド・ユイット、『オテロ』デスデーモナの父、『ロミオとジュリエット』ジュリエットの父、『マーラー交響曲第3番』第3楽章の第1カップル、オーギュスト・ブルノンヴィル『ナポリ』、ハンブルク・バレエ団初演作品『タチヤーナ』、『煉獄』、『リリオム』

主なレパートリー(2016年以降):
『ザ・カブキ』、『くるみ割り人形』ドロッセルマイヤー、アラビア、『中国の不思議な役人』ジークフリート、『ラ・バヤデール』パ・ダクシオン、"子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』"エスパーダ、闘牛士、ジプシー、ファンダンゴ、『ラ・バヤデール』ハイ・ブラ=ミン、パ・ダクシオン
バレエ団初演作品:
ロビンズ振付『イン・ザ・ナイト』(16年)
 17年4月、上野の森バレエホリディ〈The Tokyo Ballet Choreographic Project Ⅰ〉にて振付作品『隣に歩いて』を発表。