スタッフ&ダンサー

セカンドソリスト

崔 美実
さい みみ - Mimi Sai

 東京都出身。4歳よりバレエを始める。東京バレエ学校を経て、2012年、東京バレエ団入団。同年、第13回世界バレエフェスティバル『ラ・バヤデール』で初舞台を踏む。

主なレパートリー:
『ラ・バヤデール』アヤ、侍女たちの踊り、パ・ダクシオン、"子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』"オーロラ姫の友人、白雪姫、リラの精、マラーホフ版『眠れる森の美女』貴族、ワルツ、ポロネーズ、『ドン・ジョヴァンニ』ヴァリエーション3、『ドン・キホーテ』3人のドリアード、8人の女性、ファンダンゴ、『くるみ割り人形』花のワルツのソリスト、アラビア、『ジゼル』ウィリたち、『エチュード』黒の舞踊手、『舞楽』巫女、『タムタム』、『春の祭典』、『ラ・シルフィード』3人のシルフィード、『パキータ』ヴァリエーション3、ソリスト、『ザ・カブキ』波の精たち

バレエ団初演作品:
ワシーリエフ振付" 子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』"6人の女性、ドリアードたち、ファンダンゴ (15年)、フォーサイス振付『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』(15年)、ブルメイステル版『白鳥の湖』三羽の白鳥、花嫁候補(16年)、ロビンズ振付『イン・ザ・ナイト』(17年)