スタッフ&ダンサー

セカンドソリスト

永田 雄大
ながた かつひろ - Katsuhiro Nagata

 東京都出身。18歳よりバレエを始める。2007年、東京バレエ団に入団。同年『ジゼル』で初舞台を踏む。

主なレパートリー:
『ザ・カブキ』与市兵衛、直義、薬師寺、マラーホフ版『眠れる森の美女』フロレスタン国王、『春の祭典』、『ギリシャの踊り』、『ドン・キホーテ』ロレンツォ、『M』射手、『白鳥の湖』マズルカ、『田園の出来事』マトヴェイ、『カルメン』、『ボレロ』第5ソリスト、『くるみ割り人形』花のワルツのソリスト、クララの父、ねずみの王様、『テーマとヴァリエーション』ソリスト、『ラ・シルフィード』ガーン、『マルグリットとアルマン』マルグリットの取り巻き、『ペトルーシュカ』、『ラ・バヤデール』ラジャ、"子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』王さま、『ドナウの娘』、ベジャール振付『くるみ割り人形』、『エチュード』、『中国の不思議な役人』、『火の鳥』、『スプリング・アンド・フォール』、『バレエ・インペリアル』
 16年9月、勅使川原三郎演出によるオペラ『魔笛』(あいちトリエンナーレ2016プロデュースオペラ)に出演。

バレエ団初演作品:
マカロワ版『ラ・バヤデール』6人の戦士(09年)、クランコ振付『オネーギン』(10年)、アシュトン振付『シルヴィア』春の使い(10年)、ベジャール/ロマン振付『ダンス・イン・ザ・ミラー』(11年)、"子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』"4人の王子(12年)、ノイマイヤー版『ロミオとジュリエット』ヴァレンティン(14年)、ワシーリエフ振付"子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』"ロレンツォ(15年)