TOP STAFF & DANCER > Principals

Director & Staff

photo

斎藤 友佳理 Yukari Saito


『オネーギン』タチヤーナ
photo:Hidemi Seto

 神奈川県横浜市出身。母のもとで6歳よりバレエを始め、ロシアに短期留学を繰り返し、A.メッセレルやM.セミョーノワに師事。1987年、東京バレエ団入団。詩情あふれる典雅な踊りとドラマティックな表現力でたちまち大輪の花を咲かせる。
 88年ヨーロッパ公演でベジャール振付『ザ・カブキ』の顔世に抜擢され、同年のベジャール・バレエ団との合同公演で『舞楽』を踊る。92年ロシア公演では『ラ・シルフィード』をボリショイ劇場、マリインスキー劇場などで踊り、“日本のマリ・タリオーニ”との賛辞を受ける。96年『くるみ割り人形』舞台上で大怪我に見舞われるが、98年『ジゼル』で復活を果たす。古典作品に加え、ノイマイヤー振付『月に寄せる七つの俳句』『時節の色』『スプリング・アンド・フォール』『椿姫』パ・ド・ドゥ、キリアン振付『ドリームタイム』、ベジャール振付『火の鳥』『バクチIII』『くるみ割り人形』、アロンソ振付『カルメン』、アシュトン振付『真夏の夜の夢』タイターニアなどを踊る。また、91年の第6回世界バレエフェスティバルでF.ルジマートフと、2000年の第9回世界バレエフェスティバルでS.フィーリンと共演。V.マラーホフとは99年と04年に『ジゼル』で共演。05年は平成16年度芸術選奨文部科学大臣賞の受賞記念公演〈ユカリューシャ〉でM.ルグリと『椿姫』パ・ド・ドゥを、M.ガニオと『ラ・シルフィード』、首藤康之と『カルメン』を踊った。06年には〈ユカリューシャ?〉『ジゼル』でS.フィーリンと共演、『ドナウの娘』バレエ団初演に主演。07年は『ジゼル』でF.フォーゲルと、08年は同作でM.ルグリと共演。09年はマカロワ版『ラ・バヤデール』バレエ団初演でニキヤを演じた。11年は『ダンス・イン・ザ・ミラー』バレエ団初演に出演している。
 海外での客演は、91年リトアニアの国立オペラ・バレエ劇場での『ジゼル』、98年ロシアのチェリャービンスク国立オペラ・バレエ劇場『ジゼル』、ワシーリエフ振付『アニュータ』、04年2月モスクワのクレムリン大会宮殿でマクシーモワ65歳記念ガラなど。05年には高岸直樹とともにリトアニア国立オペラ・バレエ劇場80周年ガラで『椿姫』パ・ド・ドゥ、セルビア国立劇場で『ジゼル』、06年5月、07年3月にも再びセルビアで『ジゼル』を踊った。10年6月『月に寄せる七つの俳句』のハンブルク・バレエ初演に客演した。
02年、それまでのダンサーとして、母として、一人の女性としての思いを綴った「ユカリューシャ」を世界文化社より上梓。09年、バレエ教師の資格を取得するため在学していた、ロシア国立舞踊大学院バレエマスターおよび教師科を首席で卒業。10年、『オネーギン』バレエ団初演でタチヤーナを演じ、その舞台成果に対し、第27回服部智恵子賞、東京新聞の舞踊芸術賞、横浜文化賞を受賞している。
11年、国立モスクワ音楽劇場バレエの前芸術監督のS.フィーリンに請われ、ラコット氏のアシスタントとして『ラ・シルフィード』の指導を行った。12年〈横浜ベイサイドバレエ〉で『カルメン』主演、続いて『オネーギン』でタチヤーナを再び演じている。同年秋、紫綬褒章を受章。

(2013.01.04)


indexへ戻る