ニュース

ニュース News 一覧にもどる

上野水香、ベルリンで行われた「マラーホフ・アンド・フレンズ」に出演

9月2日、3日、ベルリンで行われた「マラーホフ・アンド・フレンズ」に、東京バレエ団の上野水香が出演しました。上野はアルベルト・アロンソ振付の「カルメン」のソロのほか、ルイジ・ボニーノとともにローラン・プティ振付「チーク・トゥ・チーク」を踊り、日本を代表するダンサーとしての風格を見せました。


IMG_3491.JPG

今回、集まったFRIENDSは、マラーホフが輝かしいキャリアの中で出会ってきた輝かしいスターたち。世界中の劇場から招へいを受ける上野も、このベルリンで親しいダンサーたちと再会し、アットホームな雰囲気の中で踊ることができたといいます。同時に一流のダンサーたちと同じ舞台に立っていつも感じるのは「偉大なアーティストたちのパッション」。上野のことを「水香チカ」と呼ぶマラーホフ、「チーク・トゥ・チーク」をいっしょに踊ったルイジ・ボニーノもそのひとりで、今回もダンサーたちが放つ力を感じる舞台だったといいます。ウラジーミル・マラーホフは2015年の世界バレエフェスティバルの名演の記憶も新しい「オールド・マン・アンド・ミー」を再びディアナ・ヴィシニョーワとともに踊り、フィナーレを飾りました。


IMG_3490 2.jpg


また、東京バレエ団のプリンシパルとして活躍した後、この春に退団、現在はモーリス・ベジャール・バレエ団で活躍する吉岡美佳はガリオット・マッティアとともに「チェロのための5つのプレリュード」「パトリス・シェローと三島由紀夫」(ともに振付:モーリス・ベジャール)を踊り、円熟した輝きを見せました。


IMG_3489 縮小.jpgIMG_3488.JPG