ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

めぐろバレエ祭り2014/08/05

【めぐろバレエ祭り】祭りブログvol.6 「プレゼント抽選会」追加のお知らせ&質問大募集!

20140709_03.jpg<めぐろバレエ祭り>が明日(8月6日)よりはじまります!

パーシモンホールにて5日間にわたり熱いイベントが繰り広げられますが、数あるイベントの中でも、<めぐろバレエ祭り>だからこそ実現できたイベントが「バレエ漫画が面白い!」です。

「バレエ漫画が面白い!」ではCuvie先生(漫画家)と村山久美子先生(舞踊評論家)の"アツイ"バレエトークが交わされます。イベントではトークのみならず、本ブログのvol.3でご紹介させていただいた「プレゼント抽選会」を開催いたしますが、この「プレゼント抽選会」がさらにパワー・アップ!なんと、Cuvie先生のサイン&イラスト入り単行本も景品に加わることが決定いたしました!!しかも、この単行本、ただのサイン&イラスト入りではありません!!

なんとなんと!!当選された方の目の前でサイン&イラストを描いていただけるという大変贅沢なプレゼントです!

単行本+直筆サイン&イラスト+人気漫画家が絵を描く様が目の前で見られる!という1粒で3度オイシイ企画。当選するのはこのブログをお読みいただいているそこの貴方かもしれません!

さらに!今回のトークでは皆様からの質問にCuvie先生、村山先生がお答えする「Q&A」コーナーも設けました。質問は当日会場でも受付ますが、事前にご質問をお寄せいただいた方を優先させていただきます。漫画のこと、バレエのこと、その道の第一線で活躍されている方に直に質問できるまたとない機会です。是非この機会にご質問いただき、これまでの疑問をふきとばしてしまいましょう!皆様からのご質問を心よりお待ちしております!!

8月9日(土)13:00-14:30 「バレエ漫画が面白い!」

【ご質問はこちらから】
ballet_info@nbs.or.jp
 メールの件名を「質問」としていただき、本文にてお名前とご質問をお寄せください。なお、質問は匿名でも承ります。

※ご質問多数の場合は抽選とさせていただきます。予めご了承ください。

【イベントのお申込みはこちらから】

1. お電話でのお申込み
→TEL:03-3791-7000(平日10:00-18:00)

2. e-mailでのお申込み
→ ballet_info@nbs.or.jp
 メールの本文にてお名前、ふりがな、お電話番号、希望イベント名をお知らせください

めぐろバレエ祭り2014/07/30

【めぐろバレエ祭り】祭りブログvol.5 <バレエ講座>詳細決定!!

前回好評を博した〈めぐろバレエ祭り〉特別バレエ講座が今年も行われます。

バレエ講座IMG_1155 (トリミング).jpg(昨年のバレエ講座の1コマより)

「バレエ講座ってどんな講座なの?」と思っていた方のために本ブログにて特別に内容をご紹介させていただきます!

「バレエ愛ならだれにも負けない!」という舞踊評論家の長野由紀先生が、今回は、古典バレエの名作『ドン・キホーテ』と『ラ・バヤデール』の二作品を取り上げます。

実はこの二作品、同じマリウス・プティパ振付/レオン・ミンクス音楽のバレエでありながら、前者は喜劇、後者は悲劇。登場人物も『ドン・キホーテ』はいい人ばかり、『ラ・バヤデール』は悪人ばかりと対照的。バレエをあまり見たことがない方でも楽しめる、この二作品を通じて、バレエの歴史と魅力に迫ります。

バレエのことがもっとすきになること請け合いの本講座、入場無料ですので、どうぞふるってご参加ください!

〈めぐろバレエ祭り〉特別バレエ講座

バレエの歴史と魅力~『ドン・キホーテ』と『ラ・バヤデール

◆講師:長野由紀(舞踊評論家)

◆会場:小ホール 定員:90名

◆入場無料(要事前申し込み/自由席)

※入場は小学生以上~大人

★お申込みはこちらから↓

1. お電話でのお申込み
→TEL:03-3791-7000(平日10:00-18:00)

2. e-mailでのお申込み
→ ballet_info@nbs.or.jp
 メールの本文にてお名前、ふりがな、お電話番号、希望イベント名をお知らせください

めぐろバレエ祭り2014/07/15

【めぐろバレエ祭り】祭りブログvol.4 無料イベント申込み受付中!

<めぐろバレエ祭り>本番まで一か月をきりました。
この度は大勢の方からイベントへのお申込みをいただき、誠にありがとうございます。
すでに定員に達したイベントもございますが、今からでもお申込みいただけるイベントがございます。
いずれも<めぐろバレエ祭り>ならではの企画ですので、ふるってご参加ください!

20140715_01.jpg20140715_02.jpg20140715_03.jpg20140715_04.jpg

★お申込み&キャンセル待ちはこちら↓

 東京バレエ団・東京バレエ学校事務局
TEL:03-3791-7000(平日10:00-18:00)

※重要【対象年齢変更のお知らせ】

◆8月9日(土)13:00-14:30 「バレエ漫画が面白い!」

◆8月10日(日)10:30-12:00 「バレエ講座」

上記2つのイベントは当初「中学生以上」を対象にご案内させていただきましたが、多数のご要望を頂戴いたしましたため、「小学1年生以上入場可」に変更させていただきました。

「バレエ漫画が面白い」は、バレエを漫画という親しみやすい切り口で語る特別な機会です。ご登壇いただくCuvie先生(漫画家)と村山久美子先生(舞踊評論家)はいずれもその道の第一線で活躍されている方。
お二人のお話はバレエと漫画、それぞれの新しい魅力を発見するきっかけになることでしょう。
さらに!当日はCuvie先生の直筆サイン&イラスト入りのポスタープレゼント抽選会までついてくる大変盛りだくさんな内容です。

「バレエ講座」では皆様の熱いご要望にお応えし、昨年に続き長野由紀先生(舞踊評論家)が登場!
講座の内容は追って本ブログでご紹介いたしますのでどうぞお楽しみに!

参加を希望される方は下記いずれかの方法にてお申込みください。

1. お電話でのお申込み
→TEL:03-3791-7000(平日10:00-18:00)

2. e-mailでのお申込み
→ ballet_info@nbs.or.jp
 メールの本文にてお名前、ふりがな、お電話番号、希望イベント名をお知らせください


皆様のご参加をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております!!

※「クロワゼ」プレゼンツ、「ダンシン」プレゼンツにつきましては下記までお問い合わせください。
 新書館イベント係 TEL:03-3811-7727(平日10:00-17:30)

※『ロミオとジュリエット』映像上映会につきましてはキャンセル待ちの受付対象外となります。また、当日券のご案内もございませんので悪しからずご了承ください。

めぐろバレエ祭り2014/07/09

【めぐろバレエ祭り】祭りブログvol.3 「バレエ漫画が面白い!」 スペシャル・プレゼントのお知らせ

前回のブログで、最後にご紹介したこの写真

20140709_01.JPGもうお気づきでしょうか?

20140709_02.JPG

今回の<めぐろバレエ祭り>の特別企画「バレエ漫画がおもしろい!」にご登壇いただくCuvie(キュービー)先生です。写真は先日、目黒の東京バレエ団事務所で打ち合わせをした際の1コマです。

実は、今回の<めぐろバレエ祭り>のチラシとポスター

20140709_03.jpg

メインビジュアルの少女のイラストはCuvie先生に特別に描きおろしていただいたものなのです。
月刊チャンピオンRED(秋田書店・刊)で好評連載中の『絢爛たるグランドセーヌ』の小学生の主人公:奏(かなで)ちゃんが成長した姿です。
(因みに、チラシの奏ちゃんは『眠れる森の美女』のオーロラ姫を踊っています)
見た人が思わず踊りだしたくなるようなこのイラスト。東京バレエ団の正面玄関にもポスターを掲示していますが、ポスターの横で同じポーズをとっている少女たちの姿をよく見かけます。

さて、本日はそんな素敵なイラストを描きおろしてくださったCuvie先生のスペシャル・インタビューをお届けいたします!

---------------------------------------------------------------------

Q1.バレエ漫画を描こうと思ったきっかけを教えてください

A1.幼少時にバレエを習っていたこともあり、「いつかは描きたい」と思っていました。ですが、途中でバレエをやめてしまったこともあり、ずっと気持ちの整理がつかなかったのです。ここ数年でようやく客観的に舞台を観て楽しめるようになってきたので、連載のお話をいただいたことをきっかけに描こうと決心しました。


Q2.バレエ漫画を描く際にこだわっている点、特に表現したいと思っている点はありますか?

A2.今の子どもたちのリアルな感情を、ケレン味なく表現したいと思っています。でも漫画なので、一番は楽しんで読んでいただきたいと思っています。


Q3.Cuvie先生がお好きなバレエ作品、ダンサーを教えてください。

A3.『ジゼル』が好きです。役でいえばミルタですね(笑)。
あとはイリ・キリアンの『詩編交響曲』はドキュメンタリーで観て心奪われ、全編のDVDを買い求めました。
ダンサーは女性だと(シルヴィ・)ギエムさん、(ナターリヤ・)オシポワさん、(上野)水香さん、男性では(イワン・)ワシーリエフさんが好きです。テクニックのある方が好きみたいです(笑)。


Q4.監修をされているバレエ評論家の村山久美子先生にはどのような点をみていただいているのでしょうか?

A4.ポージング、それからつま先、手の向きを特に見ていただいています。バレエに携わっている方がみても不自然にならないように気をつけています。下描きの段階でチェックしていただき、指摘があった箇所は修正を重ねていくという作業になります。


Q5.今回のトークにご来場される方へのメッセージ

A5.私がバレエを習っているとき、同じ教室に今はプロとして活躍されている方が居たんです。彼女の練習に打ち込む姿をみて、プロになるための姿勢がなんたるかを知りました。私自身も、バレエに打ち込んだことが今も仕事や作品に生きています。トークでは漫画の話だけではなく、バレエに関わるいろんなことをお伝えしたいですね。


---------------------------------------------------------------------

素顔のCuvie先生は笑顔がとってもチャーミングな方で、かつ知性を感じる話しぶり。先生の魅力に東京バレエ団スタッフもすっかり虜になってしまいました。このインタビューから少しでも先生の魅力が伝われば幸いです。

そして!Cuvie先生から当日イベントにご参加される皆様に素敵なプレゼントをいただきました!!

20140709_04.JPG

なんと!世界に2枚しかない、Cuvie先生のサイン&イラスト入りのポスターです!
当日はイベントにご参加いただいた方の中から抽選で2名様にプレゼントさせていただきます。
バレエや漫画について、第一線で活躍している方々からお話をたっぷり聞けるうえ、プレゼント抽選会までついてくる大変贅沢なトークイベントです。まさに<めぐろバレエ祭り>だからこそ実現した企画です。
しかも参加費は無料!!皆様この機会にふるってお申込みください!!


★<バレエ漫画がおもしろい!>お申込みはこちら

めぐろバレエ祭り2014/07/07

【めぐろバレエ祭り】祭りブログvol.2  「クロワゼ」プレゼンツ特別レポート

当ブログをご覧の皆様こんにちは!
本日は七夕、目黒でもいたるところで笹の葉が目につきます。笹の葉といえばもちろん「願い事」。皆様は星に何を願いましたでしょうか?一人でも多くの方の願い事が叶いますように・・・

ということで、七夕記念の!?スペシャルレポートをお届けします!
突然ですが、この三人は一体何の組み合わせでしょうか?

20140707_01.JPG(左から政本絵美、矢島まい、小川ふみ)

正解は・・・
<めぐろバレエ祭り>と雑誌「クロワゼ」のコラボ企画、「『白鳥の湖』を踊ろう!」で参加者の皆様にレッスンと振付を指導させていただく3名でした!
美女揃いの東京バレエ団女性ダンサーの中でも一際輝く3名(ということにさせてください)。もちろん、8月7日(木)の『白鳥の湖』にも出演していますので、舞台のどこにいるか、ぜひ劇場で注目してご鑑賞ください!

さて、この3名がなにをしているかといいますと・・・
6月某日、東京のバレエ団のスタジオにて今回の企画の打ち合わせを行った際、進行の確認を兼ねて無謀にも!?(失礼!)「クロワゼ」の担当スタッフの方が今回の振付に挑戦することになりました。
東京バレエ団がレパートリーにしている『白鳥の湖』はゴールスキー版(旧ボリショイ劇場版)で、一味ことなります。特に、コール・ド・バレエ(群舞)の登場シーンでは全員が1列に入場することが多いのですが、東京バレエ団が上演している版では6名ずつ4つのグループに分かれて登場する少々フクザツな振付です。
スタッフの方は何度もDVDを見直して予習をしてきたとのこと。とっておきのTシャツに着替えて、緊張しながらもいざ振付に挑戦です!

20140707_02.JPG(左から政本絵美、小川ふみ、「クロワゼ」スタッフ、矢島まい)

やはり『白鳥の湖』といえばこのポーズ。まずは基本的なアームス(腕)の動かし方に挑戦します。鳥である「白鳥」を表現しなければならないため、実は『白鳥の湖』の白鳥たちの振付は他のバレエ作品に比べてかなり変わっているそうです。

「クロワゼ」スタッフ
「日頃使わない筋肉を使うので筋肉痛になりそうです・・・」
矢島まい
「私も初めて踊ったときは足がつって大変でした(笑)」

と、3名のダンサーにやさしく励まされながら真剣な表情で腕を動かしていきます。

20140707_03.JPG

基本的な腕の使い方をマスターしたのち、体全体を使って白鳥たちのはばたきを表現することに挑戦します。小川ふみ、政本絵美の見本をみながら、気分はすっかりバレエ・ダンサーの「クロワゼ」スタッフを矢島まいが丁寧に指導していきます。傍から見ても、次第にスタッフの動きがなめらかになっていく様子がよくわかります。

約30分の挑戦でしたが、終わるころにはスタッフの顔には満面の笑顔が。短い時間でしたが、『白鳥の湖』の世界をすっかり満喫できたようです。
本番ではこの3名に加え、オデット(吉川留衣)、ジークフリート王子(梅澤紘貴)も加わり、3時間たっぷりかけて作品に取り組みますのでどうぞお楽しみに!

『白鳥の湖』公演チケットのお申込みはこちらから

<めぐろバレエ祭り>ホームページはこちら

※<めぐろバレエ祭り>各種イベントのお申込みは引き続き承っております。詳細は上記ホームページをご確認ください。


★オマケ

さて、この写真は一体・・・!?
答えは次回のブログをどうぞお楽しみに!!

20140707_04.JPG

めぐろバレエ祭り2014/07/01

【めぐろバレエ祭り】祭りブログvol.1  ダンサーインタビュー

東京バレエ団では、本年8月にめぐろパーシモンホールとの共催で、<めぐろバレエ祭り>を開催いたします。
2回目の開催となる今年は、前回の<めぐろ子どもバレエ祭り>から<めぐろバレエ祭り>となり、さらにパワーアップした企画が盛りだくさん!
お子さまから年配の方まで、男女問わずにご参加いただけるイベントを多数ご用意しております。

8月のお祭り本番まで、本ブログにて出演者のインタビューや準備の模様などをお届けしてまいりますのでどうぞお楽しみに!

今年の<めぐろバレエ祭り>の中で、目玉となるのが東京バレエ団によるバレエ名作選。
『白鳥の湖』の第2幕の抜粋と、モーリス・ベジャールの傑作『ボレロ』を2本立てて上演いたします。

本日は『白鳥の湖』に主演する渡辺理恵、森川茉央のショートインタビューをお届けします!


20140701_01.JPG森川茉央

Q1. 初めて王子役を舞台で演じることについて

→これまでロットバルト(悪役)のような役が多かったので、新しい役にチャレンジするいい機会だと思っています。いい意味で期待を裏切りたいですね。


Q2. お客様へのメッセージ

→新しいチャンスだと思っているので、いつも舞台を観てくださってる方には普段のイメージと違う、新しいイメージを見ていただきたいです。初めて僕を観る方には「どんな人なんだろう」と、僕を知っていただきたいですね。あとは美しい理恵さんを観ていただければ(笑)。

20140701_02.JPG渡辺理恵

Q1. 5年ぶりにオデット役を演じることについて

→前回踊らせていただいたときは、(後藤)晴雄さんに助けてもらって、『白鳥の湖』をこなすことに必死だったので、今回はそれにプラスして、もっと新しいことに挑戦してオデット像を創っていきたいです


Q2. お客様へのメッセージ

→『白鳥の湖』のオデットといえば、オーソドックスというか、初めて観る人でもなんとなく知っていると思いますし、バレエをよく観る人は何度も観ていると思います。
色々な方がオデットというイメージを創ってきた中で、私たちがこれから創る『白鳥の湖』という世界、どのようなものが出来上がってくるかを楽しみにしていてくださいね!


渡辺と森川は6月のドイツ・シュツットガルトで上演した『ザ・カブキ』にも主演しており、ますます磨きのかかったパートナーシップに期待が高まります。
本ブログをご覧の皆様、ぜひ劇場にて新たな『白鳥の湖』誕生の瞬間を見守ってください!


チケットのお申込みはこちらから

<めぐろバレエ祭り>ホームページはこちら


※イベントのお申込みは引き続き承っております。詳細は上記ホームページをご確認ください。

My Birthday2014/03/14

【My Birthday】3月14日 大森晶絵

20140314_01.jpg

◇名前◇ 大森晶絵(おおもりあきえ)

◇誕生日◇ 3月14日

◇名前の由来◇
水晶のように美しく輝く女の子になるようにと願いを込めて名付けられました。

◇出身地◇ 神奈川県横浜市

◇入団年◇ 2013年

◇印象に残っている作品・役◇
「ジゼル」

◇その理由◇
入団する前から東京バレエ団の「ジゼル」が大好きでよく観に行っていました。入団して初めて「ジゼル」の貴族の役として舞台に立たせていただけて本当に幸せでした。また、先生や先輩方から勉強させていただけたこともたくさんあったので、印象に残っています。

◇1年の抱負◇
一日一日のレッスンを大切にして、色々なことを吸収して、成長していきたいです。

◇東京バレエ団ファンの方へのメッセージ◇
東京バレエ団を応援してくださり、ありがとうございます。
憧れていた東京バレエ団で、日々、学ばせていただけていることに感謝しています。入団して一年目でまだまだ未熟な私ですが、早く皆さまに顔を覚えていただけるよう頑張ります。

撮影:引地信彦

劇場レポート2014/03/06

子どものためのバレエ「ねむれる森の美女」立川公演

"子どものためのバレエ「ねむれる森の美女」"(3月2日)立川公演にご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

1日2回公演のスタイルが全国公演、ギリシャ公演を経て、すっかりお馴染みとなりました。

20140306_01.JPG(左より、1回目の公演に主演した沖香菜子、松野乃知)

2回目の公演に主演した、吉川留衣、梅澤紘貴を中央に出演者全員集合!

20140306_02.JPG

地元のバレエ教室の子どもたちがオーロラの子ども時代や七人のこびととして出演。
客席にも大勢の子どもたちにご来場いただきました。

バレエ団には、今週よりピョートル・ナルデリが来団、また今朝方ジル・ロマンも来日し、モーリス・ベジャール振付「第九」のリハーサルが本格的に始動しました。
リハーサルの様子は追ってお知らせしますので、どうぞお楽しみに!

稽古場より2014/02/24

稽古場より 2月3日-2月10日 [氷室 友]最終回

皆さま、ボンジョルノ!!!
モンタギュー家の使用人アブラハムこと氷室友でございます。
今回、ジョン・ノイマイヤー振付「ロミオとジュリエット」を観にいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

df96294eae83453aeb32fcb1a27d3845.JPG

(左より、ベンヴォーリオ(杉山優一)、グレゴリー(中村祐司)、アブラハム(氷室友)、モンタギュー公(森田雅順)、ティボルト(森川茉央))

とてもタイトなリハーサルスケジュールのなか、ノイマイヤーさんをはじめ、ハンブルク・バレエより振付指導にいらしてくださった、ケヴィン・ヘイゲンさん、エドゥアルド・ベルティーニさん、大石裕香さん、スタッフの皆さんなどなど、たくさんの方々のご協力のもと、無事に公演を終えることができました。団員一同、それぞれ自分の役を一生懸命掘り下げ、ヴェローナの街の情景や活気を表現できるようリハーサルに臨んできました。この作品を踊った経験は、我々の宝物になるでしょう!

一度観ただけでは、すべての役どころを観きれない、個性が盛りだくさんな舞台!!!
その舞台裏を私、アブラハムが写真満載でお届けいたします!
名付けて...
〈東京バレエ団初演「ロミオとジュリエット」バックステージ・フォトアルバム2014〉

写真からでも団員の若いエネルギーに溢れた活気を感じられると思います!お楽しみくださいませ!

ノイマイヤー版「ロミオとジュリエット」の登場人物には一人ひとりに名前があり、それぞれに人生があります。そのため、皆想像力を働かせ、工夫しながら役柄にアプローチしていました。例えば、朝が弱かったり、お祭り好きだったり、ワインが大好きな人だったり、男勝りで喧嘩っ早い女の子だったり、実は両家の和解を望んでいたり、とさまざまです。

7ee11d418f33e2925a2f8f83b3de4058.JPG争うモンタギュー家の人々とキャピュレット家の人々
...を眺めるマキューシオ(木村和夫)

4b574688e8cca572bf762cbe031148ef.JPG仲良し3人組こと、マキューシオ(木村和夫)ロミオ(柄本弾)、ベンヴォーリオ(杉山優一)

426ca54c0bc2f74b009a479237f7479e.JPG

スキャンダラス・ボーイ、ティボルト(森川茉央)を発見。
なんとロザリンデ(渡辺理恵)にまで声をかけています!

0b13cf2bf2f6308cd0752ced7ee96776.JPGヴィオレンタ(高木綾)とイモーガン(矢島まい)

66aa5d8885b341d850bc7697c09409ec.JPGジュリエットの乳母(坂井直子)を囲むキャピュレット家のメイドたち
(左より、ネル(加藤くるみ)、ウルスラ(伝田陽美)、カミーラ(古閑彩都貴)、ルチェッタ(加茂雅子)、宮下加瑞(グラティアーナ)、三雲友里加(スーザン))

08e5ca128aec4fdd59aae2a07bc14af1.JPG

キャピュレット家の舞踏会を前に想いにふけるロミオ(柄本弾)とジュリエット(沖香菜子)
とても印象的な場面でしたよね。

fb2a3b5ea511dbe17280a6b6a56ebb05.JPG続いて、初日のカーテンコールの様子

ebd6706253ad403e152b213bdac91949.JPG

初日を踊り終えたというより、ロミオとジュリエットとして生きた二人(沖香菜子と柄本弾)

20140224_04.JPGジュリエットのいとこたち
(左より、幼いエミーリア(二瓶加奈子)、完璧なロザリンデ(渡辺理恵)、好奇心旺盛でおませなヘレナ(村上美香))

20140224_05.JPGアブラハム(中央)とモンタギュー家のメイドたち
(左より、マリア(市村紗也華)、フランチスカ(中川美雪)、シルヴィア(金子仁美)、マルガレータ(片岡千尋))

20140224_06.JPGアブラハム(中央)とベンヴォーリオ(杉山優一)と僧ローレンス(岸本秀雄)

3fa2bfb0ceb1051cc33ae1b9f4d50f03.JPG

続いて、ハンブルク・バレエよりゲスト出演されたエレーヌ・ブシェさんとティアゴ・ボアディンさん、そして指導を務めた大石裕香さん。

16e40314dbb93c64b310b2c999c789ce.JPGブシェさんと一緒に
(左より、乾友子、坂井直子、矢島まい)

0b149e94e3bbd751d28eb9528dcfa80b.JPG華麗なるキャピュレット一族
(左より、キャピュレット公(高岸直樹)、キャピュレット夫人(奈良春夏)、ティボルト(森川茉央))

5c5c442f4affc886f361bc7ce2ac6ca2.JPGブシェさんとボアディンさんを囲んで全員集合!

18024ce3a90cdca355f4ef0f71602011.JPGヴェローナ大公、エスカラス(飯田宗孝)

bd3c6174b19ea9faecf0f10ba4ff7b8a.JPG僧ローレンス(杉山優一)

797d86c38423863e752aafed8fa0e55c.JPG鋭い剣のような個性を持った(和田)康佑のティボルト。
よーく見ると後ろに人影が...。
「家政婦は見た!」ならぬ「乳母(坂井直子)は見た!」(笑)

87cb6758db67df018aca8dbf76a01c42.JPGパリス伯爵(梅澤紘貴)と

0725453bfce1d8deb71cd8e56c0e3462.JPGロミオとジュリエット(岸本夏未と後藤晴雄)
最終日、こちらも見事にロミオとジュリエットを生きた二人

565c80ee0870feae2b20888aa792f32c.JPG

「ロミオとジュリエット」公演をもって、後藤晴雄さんが退団することが発表されました。終演後、飯田芸術監督より「特別団員」に任命することが発表され、特別団員証書が手渡されました。

この素晴らしい経験を活かし、団員一人ひとりのダンサーとしての質を高め、これからまだまだ続く創立50周年記念シリーズの舞台を楽しんでご覧いただけるよう頑張りたいと思います!

---------------------------------

※ご好評いただいておりました[稽古場より]のコーナーは今回が最終回になります。
また新たな企画でお目にかかりますので、引き続きご愛読いただきますようお願いいたします。

My Birthday2014/02/17

【My Birthday】2月17日 石川希

4bddbaebffb3d4f717d6e080c25363c4.jpg

◇名前◇ 石川希(いしかわのぞみ)

◇誕生日◇ 2月17日

◇名前の由来◇
女の子がほしかった両親が待ち望んでいたらしく、その気持ちを表したことと、私が希望に満ちた人生を歩めるように、と付けられたそうです。

◇出身地◇ 神奈川県相模原市

◇入団年◇ 2013年

◇印象に残っている作品・役◇
「ラ・シルフィード」

◇その理由◇
入団して初めてアンダースタディとしてリハーサルに参加しました。指導してくださっていた斎藤友佳理さんからプロのダンサーとして生きていくための厳しさを教えていただきました。この時が入団して初めての舞台でした。「木の上のシルフィード」という役でしたが、大好きな作品で尊敬している友佳理さんの指導のもとでこのような役をいただけたことをとてもうれしく思ったからです。

◇1年の抱負◇
精神的にも体力的にも成長して、もっと自分のカラ―を出していきたいです。

◇東京バレエ団ファンの方へのメッセージ◇
小さな頃から大好きだったバレエを今こうして続けられていること、ずっと憧れていた伝統あるすばらしいバレエ団に入団させていただけたことに感謝しています。まだ入団1年目で未熟者ですが、日々のレッスン、リハーサルから自分なりに頑張っていきます。いつか皆様に見つけていただけるようなダンサーになれることを夢見て精進します。

撮影:引地信彦

カテゴリー

最近の記事

東京バレエ団第32次海外公演〈シュツットガルト〉  初日開幕レポート!

 4月7日(金)、東京バレエ団にとって第32次海外公演とな...

<ウィンター・ガラ>「イン・ザ・ナイト」キャスト決定

2月22日(水)、23日(木)に上演する、東京バレエ団<ウィ...

『イン・ザ・ナイト』振付指導ベン・ヒューズ インタビュー

 東京バレエ団が、満を持して、新たなレパートリーに挑戦する。...

「孤独な祝祭 佐々木忠次」 西日本新聞書評

西日本新聞(2017年1月22日)読書館に掲載された、評論...

(1/3[火])更新 東京バレエ団ダンサーからの年賀状2017

新年明けましておめでとうございます!! 2016年は東京バレ...

イベントレポート~クリスマス・パーティー~

去る12月17日(土)、「くるみ割り人形」終演後の会場におい...

「孤独な祝祭 佐々木忠次」週刊オン★ステージ新聞書評

週刊オン★ステージ新聞 (2017年1月6日付号)に掲載され...

海外公演<第九交響曲>のリハーサルが行われました

 2017年1月6日から、東京バレエ団はモーリス・ベジャー...

イベントレポート~「ザ・カブキ」 泉岳寺 墓参

「ザ・カブキ」のリハーサルがつづく忙しい日々。そんななか、...

新入団員、ブラウリオ・アルバレス インタビュー

バレエと日本文化をこよなく愛するメキシコ人、 ブラウリオ・...