ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

公演情報2011/04/13

「ラ・バヤデール」ゲネプロレポート2

間もなく、東京バレエ団「ラ・バヤデール」が開幕します。
初日の様子は後ほどお伝えしますが、その前に本日の午後行われた、明日2日目のキャストによるゲネプロの様子を少しだけ、お伝えします。

ソロル役のイーゴリ・ゼレンスキーは、朝から元気に笑顔いっぱいで楽屋入り。
自分のペースでしっかりとウォーミングアップした後、13時30分からのゲネプロに参加しました。

こちらは、第1幕第3場のソロルとガムザッティの婚約式のシーン。
ゼレンスキーの衣裳は、自らの手でロシアから運んできたものです。

20110413_01.JPG

本番を明日に控えていることもあり、ゲネプロも自分のペースで緩急をつけて演じていたゼレンスキーですが、目を見張るような高いジャンプには、見学していた東京バレエ団のダンサーから、驚嘆の声が上がっていました。
ダイナミックでパワフルなゼレンスキーは、ダンサーたちにも大いなる刺激になったようです。
衣裳を着けて立っているいるだけでも、ゼレンスキーの存在感とオーラは際立っています。ぜひ、明日ご自分の目でお確かめください。


そして、今日しか撮影できない貴重な写真がこちら。

20110413_02.JPG20110413_03.JPG

ブロンズ像を演じる井上良太(4/14出演)と宮本祐宜(4/17出演)の2ショットです。
2人とも今回が初役ということもあり、今日は2人ともフルメイク、フル装備(?)でゲネプロに参加しました。
(もちろん一緒に踊ったわけではなく、ブロンズ像のシーンを2回行ったのです)
2人のブロンズ像が揃う、こんなことは2度とないでしょうから、メイクさんたちも楽しみながらメイクしてくださっていました。
滅多に見られない光景に、廊下を通るダンサーたちもみんなメイク室を大注目。
2人が揃って、メイク室から出てきたときには、その場にいた全員の視線が彼らに集中していました。
本人たちは初めてのメイクにちょっと緊張ぎみでしたが、舞台ではキレのいい踊りを見せてくれていました。
2人のブロンズ像にもぜひご注目ください!

初日の模様は、早ければ今晩中にお知らせいたします。
こんな時期だからこそ、舞台を通じて、皆さんに感動と明日への活力をお届けできたらと願っています。

カテゴリー

最近の記事

東京バレエ団第32次海外公演〈シュツットガルト〉  初日開幕レポート!

 4月7日(金)、東京バレエ団にとって第32次海外公演とな...

<ウィンター・ガラ>「イン・ザ・ナイト」キャスト決定

2月22日(水)、23日(木)に上演する、東京バレエ団<ウィ...

『イン・ザ・ナイト』振付指導ベン・ヒューズ インタビュー

 東京バレエ団が、満を持して、新たなレパートリーに挑戦する。...

「孤独な祝祭 佐々木忠次」 西日本新聞書評

西日本新聞(2017年1月22日)読書館に掲載された、評論...

(1/3[火])更新 東京バレエ団ダンサーからの年賀状2017

新年明けましておめでとうございます!! 2016年は東京バレ...

イベントレポート~クリスマス・パーティー~

去る12月17日(土)、「くるみ割り人形」終演後の会場におい...

「孤独な祝祭 佐々木忠次」週刊オン★ステージ新聞書評

週刊オン★ステージ新聞 (2017年1月6日付号)に掲載され...

海外公演<第九交響曲>のリハーサルが行われました

 2017年1月6日から、東京バレエ団はモーリス・ベジャー...

イベントレポート~「ザ・カブキ」 泉岳寺 墓参

「ザ・カブキ」のリハーサルがつづく忙しい日々。そんななか、...

新入団員、ブラウリオ・アルバレス インタビュー

バレエと日本文化をこよなく愛するメキシコ人、 ブラウリオ・...